文系女子大学院生×就活

就活中の大学院生のブログ。食レポから人生まで、考えたことを綴ります。

お祈りメール

来ました!

 

お祈りメール。

 

開く時のタイトルからなんとなく察していましたが…

 

いいなあと思っていたところだっただけに残念です。

 

自分では何が悪かったのか?わかっていないから次に活かすために教えて欲しい!!

 

とか思いますが、そもそも良い悪いではなく

自分がそこにあっていなかったということだったのかなあ。

 

良い悪いを考えていては気持ちも上がらないので

自分で考える直すべきところは直しながら、次に向けて頑張ろうと思います。

 

もともとネガティブだった私がこんな風に考えられるようになって・・

 

本当に奇跡〜〜.°(ಗдಗ。)°.

 

倒れても倒れても立ち上がる、おきあがりこぼしのように頑張ります.°(ಗдಗ。)°.

 

 

面接で緊張しないために

こんばんは^^

 

今日は「緊張する理由」「緊張しない方法」についてみてみようと思います。

 

 

就活していると、緊張する💦場面が沢山ありますよね〜(⌒-⌒; )

 

エントリーシート書きながら…

 

面接を前にしてドキドキ…

 

特に待合室での緊張感は半端ないですよね(笑)

 

他の就活生の緊張も伝わってくるという…

 

 

でも、そもそも「なんで緊張するんだろう?」

 

考えてみたことはありますか?

 

私は今日初めて考えました。笑

 

でも、何事もわかってみてこそ対策を取ることができますよね。

 

緊張する理由とその対策、行ってみましょう〜!

 

www.listening-skill.jp

 

まず、緊張する理由は ”防衛反応” だそうですね。

 

うーむ、知らなかった〜!

 

自分が危機にさらされる時に自然と体がそのようになるそうです。

 

人間にもそのような ”本能” が備わっているんですね。

 

じゃあ、対策のしようがないのか!?というとそうでもないようで、

私たちが普段やってしまいがちなことをしなければ良いようです。

 

  1. 緊張していることを受け入れる
  2. 肯定形でイメージする

 

⒈について、

 

「緊張しちゃダメだ!!」と思えば思うほどもっと緊張してくるようです…

 

考えるだけでもドキドキですね(笑)

 

実際私も教育業界の面接を受けた時、人事の方にこのアドバイスをいただいたことがあります。

 

また、⒉について、

〇〇してはだめ

というよりは

〇〇するようにしよう

の方が気持ちも前向きになれるなと思います。

 

 

明日、早速面接なので実践してみようと思います!笑

 

何事もそうですが、「自分のことを知ってこそ」よく対応することができると思います。

 

就職活動を機に、自分自身のことを深く見つめなおしていきたいですね。

 

では、また〜^^

 

 

 

一週間何をしていたか…

ハイ、あっという間に一週間が経ってしまいました。笑

 

空白の一週間、何をしていたんだろうと言うくらいあっという間に時が過ぎてしまいました。

 

1日は時間があると思っても、色々していると本当に時間がないですよね。

 

私は前、大学の先輩に

 

 

「1日に6時間寝るとすると、1週間で6×7=42時間、

1ヶ月で42×4=168時間、1年で168×12=2016時間…

人は一生のうちどれくらい寝ていると思う???」

 

と当時の私には衝撃的な話をされました。

 

ムムッ

 

確かによく計算してみると、〇〇年も寝ていることになる!?

 

ぜひみなさん計算してみてください(自分が計算するのが面倒なだけ…)

 

boel.jp

 

 

エーッ!

人生の中で自分が使える時間ってこれしかないの!?

 

衝撃!と思ったあなた…(←誰)

 

次回、私が教えてもらった時間の使い方についての方法をお教えしましょう…( ̄ー ̄)

 

あ、別に怪しい人ではないです。ハイ。笑

 

ではまた〜^^

 

 

 

お題スロット…好きな調味料

お題「好きな調味料」

 

こんばんは。

 

今日はお題なるものを使って記事を書いてみようと思います!

 

今日のお題は、ズバリ…

 

好きな調味料!٩( ᐛ )و

 

これを書いてどうなるの、というツッコミはさておき…

 

 

私が好きな調味料はこれですね〜。

 

www.somi.jp

 

創味シャンタン!!!

 

一人暮らしを始める時に母が、これは何でも使えると言って買い置きしてくれました。

 

本当に何でも使える。

 

味もこれさえあれば何でも美味しくなる。

 

なんて万能調味料〜〜!

 

万能がゆえに使いすぎ、いつも同じ味になってしまうのですが。泣

 

調味料って本当にすごいな〜。

 

 

調味料つながりで今日読んだこの記事を。

 

business.nikkeibp.co.jp

 

この記事は毎回リアルで本当に考えさせられます。

 

いつまでも健康でいられることを皆望むけれど、

当たり前にそのように生きられるわけではないんだなあと実感します。

 

自分も、家族も

毎日健康で生きられていることに本当に感謝です。

 

 

2017年6月8日

当たり前のことに感謝できますか?

「ありがとうございます」

 

この一言がなかなか言えない人が多いなと思います。

 

そういう私も今気をつけているところですが…。

 

 

 

今日はある大学の筆記試験に行って来ました。(大学職員)

 

かなりたくさんの試験があって、久々に大学のテスト期間のような感覚を味わいました(笑)

 

一通りの試験が終わった後、試験教室から退出するのですが

誰一人として人事の人に挨拶をしない(⌒-⌒; )!

 

さすがに私もびっくりしました。

 

確かに慣れ親しんだ(?)教室で3時間くらい試験を受けていたら

選考だということを忘れてしまって…

姿勢も悪くなり挨拶も忘れ…というのもわかります><

 

 

しかし選考は選考、

人事の方が見ていなかったとしても印象はあまり良くないのでは?と思いました。

 

そして、印象以上にもっと大切なのが「当たり前のことに感謝する心」だなと感じました。

 

 

 

 

私たちからすれば、

3時間も試験!?面倒だけど頑張るか…!

という思いで参加するかと思います。

 

しかしその時間は私たちだけの時間ではなく、企業の方も同じように時間を出していることを考えると

自然と「ありがとうございました」という言葉が出て来ませんか?

 

 

 

”私のために時間を出してくださってありがとうございます”

 

 

 

その自然な思いを、マナー以上に、素直に伝えられる

素敵な社会人になりたいですね^^

 

 

最後に…感謝に関する名言

 

There is more hunger for love and appreciation in this world than for bread.

 この世界は食べ物に対する飢餓よりも、愛や感謝に対する飢餓の方が大きいのです。

                     - Mother Teresa (マザー・テレサ) -

 

iyashitour.com

 

 

2017年6月7日

 

 

 

座談会って…?

昨日は朝から夜まで用事があり、全く書くことができませんでした泣

 

今日からまた頑張ります( ´ ▽ ` )

 

 

今日は、就活で「座談会」に参加してきました。

 

「座談会」って…選考なの??と気になりますが、選考と考えて臨んだ方が良いそうです。

 

人事の方もいる・本来の仕事があるのにわざわざ座談会をする意味…

 

確かに、完全に選考ではない、とは言い切れないですよね。

 

そういう面にプラスして、

①一定の緊張感を持って臨むことで面接の練習になる

②言葉遣いや振る舞いなどマナーの練習になる

③質問をすることで熱意を見せることができる

などの利点もあると思います。

 

私も今日は座談会だけど選考だ!と思って準備し参加しました。

 

特に、これはやってよかった!!と思うことがあったので参考程度に。

 

 

<<前もって>>

①質問項目を考えること

②誰に話を聞くか作戦を練ること

 

①について、すでにしている方は多いかと思います。

 

私は以前、なんとなくこんなことを質問しよう、と漠然と考えていたのですが

やはり「良い質問」というものは存在すると改めて感じました。

 

 

良い質問には企業の方の反応も違います。

 

顔を輝かせてたくさん話してくださり、広げて大きな話をしてくださることもあります。

 

逆に答えづらい質問、一言の回答で終わってしまう質問も残念ながらあると感じました。

 

事前にすると良いのは

・いくつか項目を考える(私は4つほど考えました)

・考えた項目をキャリアセンターなど相談に乗ってくれる方に添削してもらう

(もっとこのように聞いたら良いと具体的なアドバイスをくださり、さらに2つの質問項目を追加してくださいました)

 

 

誰に話を聞くか作戦を練ること

について、企業にもよりますが、

区切られた時間の中で企業の方がいるブースを回る形式のものが多いかなと思います。

 

その場合、残念ながらすべての人の話を聞くことができない〜〜><

ということが発生するかと思います。

(今日私が行ったところもそうでした)

 

ここで、「どのように回るか」という作戦を練ることが必要です!

 

先輩社員の方々は、おそらく様々な部署・年数の方がいらっしゃいます。

 

・若手社員から話を聞きたいのか?

・ベテラン社員から話を聞きたいのか?

・特定の部署の話を聞きたいのか?

 

など、自分がどうしたいかによって回るところが違ってくると思います。

 

また、相手によって質問項目も変えなければなりません。

 

・若手社員が答えられること

・ベテラン社員が答えられること

 

は、同じではないので異なる質問をしなければうまく答えを引き出すことができないのです。

 

これらを踏まえて作戦を練って臨みましょう!!

 

 

 

 

実際今日自分がこれらのことを実践してみて、

「前もって」準備して本当に良かった〜〜!と実感しました(笑)

 

座談会を通して、エントリーシート・面接で具体的な志望動機や自己PRができるように

頑張りたいですね!!(^o^)

 

ネット上にもさまざまに参考になるサイトがあるので、こちらも参考に**

 

careerpark.jp

 

 

 

2017年6月5日

6月3日 やってみてわかること

三日坊主と言われますが、無事に三日続いております( ^∀^)笑

 

今日は土曜日。

 

いつも土曜日は何かと予定が入っていて一日中駆け回っていることが多いのですが、

今日は久しぶりにゆっくり過ごすことができました。

 

気になっていたカフェにも行けたし〜

 

満足満足〜〜笑

 

 

カレーを食べながら色々考えましたが、最近は「やってみて初めてわかること」が多いなと気づきました。

 

私はやってみずに難しいと思って諦めることがとても多いので、

そんな私にとっては大きな気づきでした^^

 

例えば…

・ピアノを弾くこと

・就職のための試験

・面接で話すこと

 

などです。

 

特にピアノについて…

 

私はインカレサークルに入っていて歌を皆で歌う機会があるのですが、これまで音取りなどを積極的にしてこなかったのです。

(ピアノを10年近く習ってきたのに…!)

 

ピアノ弾いてみたいけど、バッチリ伴奏ができる人もいるし習っていたのはもう前のことだし…

と言い訳?を重ねてやってこなかったわけです。

 

ところが最近さまざまな人事異動があり(笑)私が音取りを担当することになりました。

(まだコードが読めないので伴奏はできないのですが泣)

 

やってみるとその難しさと楽しさがわかるようになりました。

 

まず、事前にパートの音を録音をすることが難しい。

 

一度間違えたら録り直し。

 

一人で「あ、間違えた(*´-`)」と言いながら録音するのですが、

いいところまで行ったのに〜という悔しさやら音を踏み外して着地ができない感じの恥ずかしさとか…色々あるわけです。笑

 

でも、そんな過程を経て作られた音源が皆のところに届き、それを皆が聞いて練習する。

 

集まって練習した後も、ここがわからないから音を取ってほしいと頼まれ、一緒に練習もしました。

 

間違いながらも音を取っていましたが、純粋に「楽しいな」と感じ、皆で作り上げていく感じを味わうことができました。

 

そしてこれまで自分が受け身で参加していたから、それほど楽しく感じられない時もあったんだと。今日は自分から動いてみたからとっても楽しかったのです。

 

「やってみないとわからない」

 

本当にそうだなと実感し、もっと色々なことに挑戦していこうと思った1日でした♪

 

ではまた明日〜〜

 

 

 

あ、最後にこの記事を。

 

mainichi.jp

 

すごいですね、13歳。

 

私は中学校で卓球をしていたので、今でも卓球のことには関心があります。

 

何かをするのに年齢は関係ないんだなと改めて感じました。

 

本当にものすごいプレッシャーの中で、本番でいかに力を出すことができるのか、

私も学びたいです。

 

 

 

2017年6月3日